ジェネリックとは?タダシップを使ってみた口コミ紹介

2019年7月3日

ジェネリックってどんな薬?

タダシップについて知ろう
ジェネリック医薬品とは、新薬を基にして作られた薬です。
ジェネリックの開発期間はおよそ3~5年。

コストを抑えられるために国が新薬の価格の2~5割に設定しています。
開発期間が短く、人件費も抑えられるため新薬と同じ効果で新薬より安いのが特徴です。

ジェネリック医薬品は安全?

ジェネリックって本当に安全なの?
日本では未だ認知度が低いジェネリック医薬品。
新薬に比べ安全性が低いのでは?といった不安を感じる人もいるでしょう。

ジェネリック医薬品は販売前に試験を実施しており、安全性が立証されています。
厚生労働省の調べによると、日本でのジェネリック医薬品のシェア率は40%と低いのが現状。
アメリカは91%、ドイツ82%、イギリス73%となっており、世界ではジェネリック医薬品のシェアが普及しています。

タダシップとはどんなジェネリック?

タダシップについて
タダシップは、3大ED治療薬シアリスのジェネリック医薬品です。
シアリスと同じ有効成分のタダラフィルを配合しているため同等の効果が期待できます。

ジェネリック医薬品のため、価格が安いのが魅力。
シアリスが1錠2000円前後のところ、タダシップは400円前後で購入可能。
しかし、現在タダシップは日本では未認可の医薬品となっています。

タダシップが日本で未認可の理由

日本でタダシップが未認可なのはなぜ?
新薬は開発した会社が特許を取ると、約20年~25年の間その会社が独占的に製造、販売ができます。
この特許が切れた後、別の会社が同じ有効成分を使って製造販売をするのがジェネリック医薬品。

シアリスの製造会社日本イーラルリリー、販売元の日本新薬では特許満了時期の発表が行われていません。

そのため日本国内におけるシアリスジェネリックの開発は、いつ頃解禁されるか不明となっています。

タダシップはインド製のジェネリック

タダシップはインドで製造
タダシップの製造元はインドの製薬会社シプラ社。
インドはジェネリック製造大国として知られています。

日本では未認可のシアリスジェネリックをインドで製造できるのには理由があります。
それは、インドの法律。
前述の通り、日本では新薬を開発した会社が「物質特許」「製造特許」をとれます。

しかしインドにはその特許がありません。
新薬と同じ成分を使っても製造の手順を一部変更することで、法律上違う薬として扱われます。

そのため、日本でまだ特許が切れていない医薬品でも、インドではジェネリックとして製造をすることができるのです。
この法律が生まれた理由にはインド、また近隣の発展途上国の貧困問題があります。

非営利団体「国境なき医師団」も治療薬としてインド製のジェネリックを採用しています。
世界シェア率も高く、効果、効能、安全性には問題はありません。

タダシップを使ってみた人の口コミ

気になる口コミ
タダシップは本当に安全?効果は変わらない?
タダシップを使ってみた方に使用感のアンケートを行ないました。

25歳 Yさん
緊張して勃たないということが多く悩んでいました。
人気のシアリスのジェネリックということで、タダシップを選びました。
この年齢でEDって周りに絶対知られたくなかったので、病院に行く必要がない通販はありがたかったです。
梱包も普通の段ボールで届いて、家族にED治療薬を買っていることもバレずに済みました。
タダシップは安いのにしっかり効果がでるので、助かっています。
42歳 Dさん
今までシアリスを使っていたけど、同じ効果で安いと噂を聞いて。
思い切ってタダシップをポチりました。
さっそく試してみたけど、シアリスとの違いほぼなし。
ジェネリック正直ナメてた!
このコスパを知ってしまったら、もうシアリスには戻れない・・・。
浮いたお金でパートナーをちょっといいディナーに連れて行こうかとおもいます。
60歳 Kさん
バイアグラを使っていましたが、年齢的に副作用がつらく優しい効き目のED治療薬を探していました。
ジェネリックは安全性に不安がありましたが、物は試しと思って購入。
タダシップにしてから、ほてりなどの副作用が気にならなくなりました。
長時間効果が続くので相手も驚いています。


PAGE TOP